おかかえのあたま

ぐれたりぐれなかったり

また眠れないの話

眠剤を飲んだのが2時間前である。掲題の通り、眠くない。 こういう日には否応なしに考え事をしてしまうもので、つくづく一人でよかったと思う。 もし、友人知人やきょうだい恋人が隣にいたらみじめでつらくて消えてなくなりたかったことだろう。 心療内科に…

泣けないという話

掲題の通りである。泣きたいのに泣けない。 それがつらい。 知人に相談したら 「感動する映画を見てみたら?」 くらいにさらっと流されてしまった。つらい。喉のあたりもずっと詰まった感じがする。 誰かに救われたい。 助けてほしい。そんなことを言えるは…

できなくてつらいの話

誕生日前後は大抵絶望するものである。 そんなわけで2ヶ月ほど放置してしまった。理由は特にない。最近のできないことはまあそれなりにあるものの、 主に 眠りたいのに寝れない 泣きたいのに泣けない 風呂に入りたいのに入れない の三つである。食事はギリギ…

キノボリガメの話

カメレオンを買う機会がないのでキノボリガメに思いを馳せる。キノボリガメは南米原産、特徴的なのがカメの甲羅を持ちつつもカメレオンが如き緩慢な動きで木に登る、つまり立体的な移動ができるという点に集約するだろう。 キノボリガメは他の陸生のカメ同様…

眠剤を飲まなかったの話

心の底から後悔した。 民間療法的な手段で寝ようと思い立ち、眠剤を飲まなかった。あほである。 試したものは ・紙の本を読む ・数を逆に数える ・呼吸のときに数を数える ・認知なんとか連想法 あたりである。一晩まるまる潰してしまったので処方薬が出てる…

メメントモリの話

唐突に希死念慮が高まることがある。 そんな内容を書くかなと思ったため、表題がメメントモリである。 厳密には生きることを前提とした云々ということがあるかもしれないが、生きることを前提に人生を組み立てていないため却下である。 ここのところ気分安定…

お酒の話

アルコールについてである。 基本的にお酒は飲めるが、極力飲みたくない、飲めないふりをする、ということが多い。 理由はとにかくアル中だった父親を思い出して最悪の気分になるからである。ゆえに自宅にも嗜好品としてのアルコールは置かないし、無論宅飲…

勤労にいそしむの話

漢字にすると机上の上と同義である。 しなくても同義である。 一丁前に感動するような話題を書いておきながら卒業式は出なかった。 イベントごとには縁がない思考らしい。こればかりは致し方ない。来世があれば来世に期待したいところだが、卒業式の類は基本…

人生初の話

読んで字の如く生まれて初めてのことである。 そんなことより私事の諸々が一段落し、今年度を振り返り、なんて心穏やかに過ごしてきたのだろうかと考えていると非情に無意味で有意義な時間であったとしか表現しようがなく、自身の語彙の少なさに悲しくもむな…

夕立の話

最近めっきり聞かなくなった言葉である。 昨日だろうか、久しぶりに夕立的な夕立に遭った。 空には稲妻が走り、少し経ってから大粒の雨が降る。 夏の風物詩にようやく会えた気がした。以前の記事でも書いたかもしれないが、わたしは傘が好きである。 ビニー…

待ち時間の話

平気な人と苦手な人がいるだろう。 ないに越したことはないもののひとつである。 わたしは割と平気な方で後の予定が詰まっていなければ気ままに待つ。 しかしながら、よく聞く「毎回遅れる知人」のような存在がいたらそうはいかないであろう。 ちなみにわた…

コルセットの話

再燃しつつある。 コルセットとは コルセット(英: corset)は、女性用ファウンデーションの一種で、近代から現代にかけて欧州大陸で一般に使用された。胸部下部よりウェストにかけてのラインを補正する役割を持ち、ヒップの豊かさの強調と対比的に、胴の部…

生きていますよの話

台風が来るらしい。 そんなことよりも前回からだいぶ期間が空いてしまった。とりあえず人並みの生活は出来ているため、ご心配なく。 ここのところは、諸事情あって朝晩朝晩疲弊気味で帰宅したら即書類をまとめて、次の日の準備。 毎日この繰り返しであった。…

気分安定薬の話

効いているのかいないのかわからないというところが正直な感想である。ちなみにリチウムは出ていない。今のところはデパケンR 1200mgラミクタール 100mg頓服でレキソタン 60mg睡眠系分類でマイスリー 10mgブロチゾラム わからん(名称も忘れた)デバス 1mgその…

血痰の話

慣れない生活が続き、生まれて初めて血痰が出た。 初めは面白がっていたものの、熱は上がりに上がり、最終的には39.6度。 インフルエンザを疑うも、正直外出する気力がない。そもそもインフルだったら、なんの薬をもらおうとも抜本的な解決にならないのは存…

平和って言葉がなんか懐かしく聞こえないかの話

今は昔の話である。 まあ、以前の記事にも書いたであろうが高校の時あたりで聴くとボロ泣きしていた曲である。 親は当然のごとく子を愛し、子もまた親を敬い感謝する。 なんともぬるく型通りでつまらぬ発想である。 こんな斜に構えた思考も認知の歪みゆえか…

百合の花咲くの話

タイトルは全くもって関係ない。 特に思い付かなかったので書いたというだけである。 早いもので今年度ももうすぐ終わるらしい。 流れる季節の真ん中で…というところであろうか、日付が違った。 最近はといえば、相変わらず労働に身を費やし疲弊している。 …

距離感の話

全くもってわからない。 どちらかというと距離を置きガチな方だと思う。人見知りをする、知らない人は怖い、いつか殴られる、そんな気がする。そろそろなおしたいところである。 スマホの調子がすこぶる悪い。 4年4ヶ月になれば、、、 、、、ああもう上手く…

また体重が増えたの話

自己嫌悪の日々である。 体重が増える原因は色々ある。 食べすぎ飲みすぎストレス運動不足病気やら薬の副作用。 幸いなことに薬の副作用はなさそうである、一昔前まではトピラマート(?)たぶんトピナが過食防止で処方され、ねむいのでこのへんで ねるねるね…

塩分の話

ここのところ甘味より塩味である。 しょっぱいものがほしいというわけであるが、これはどうやらミネラル不足が原因らしい。知ったことか。 食べたいものを食べたいように食べる。 ゆえに炒飯には塩コショウ、置いてあれば一味を足し、餃子は酢醤油に浸し、揚…

一皮むけたの話

あけました。導入がどうだったのかも忘れてしまった。 言わずもがな新年である。 年末年始は割合に時間を持て余しており、ブログの存在も忘れていたため、無限に今戸やら何やらと検索していた。 さて、一皮むけたの話である。 物理的に顔面の皮膚が剥がれ落…

保険に入れないの話

障害者手帳と障害年金を受け取っている。 診断名は当時が双極性障害である。おそらく今も変わらないだろう。 いわゆる躁うつ病というものである。 診断名が変わったのは確か今年に入ってから。主治医が「障害年金の申請をしてみてはどうか」という提案をして…

早期満腹感の話

満身創痍とはこのことか。 少し食べただけでお腹がいっぱいになる。 胃が小さくなったか? 単純な薬の副作用の食欲不振か? 唾液減少の嚥下困難か? まあ、もろもろ考えたり調べたり悩んだり放心したりラジバンダリ。で、機能性ディスペプシアという単語(昔…

抜毛の話

脱毛ではない。 ストレスゆえに再発した疑惑である。 会社にいるとき、気が向けばお手洗いに立ち個室でとにかく髪の毛を抜く。イライラしているのか、抗不安剤を飲めばおさまるのか、働くのをやめればおさまるのか、そのあたりももはやよくわからない。 つか…

また瀉血の話

おそらく2度目である。 わたしは身体に異物を入れるよりも出す方が好きである。 排泄というよりは、完全に瀉血である。 自己の意識化、管理下で要るのか要らないのかわからない、とにかく自分の所有物を排除してしまいたいのである。自分の中から自分の何か…

病院に行きまくってるの話

久方ぶりの更新になってしまった。 掲題の通り、病院に行きまくってる。 通常運転の心療内科、意識消失の痣治療の皮膚科、筋弛緩剤の効かなくなった首肩肩甲骨周りに局所麻酔、ついでに顔のホクロもどきも焼いてきた。 人肉、正確には人肌が焼ける匂いはいつ…

せのたかいもんすたーつりーの話

しゃからびっつではない。 しゃかぞんびでもない。 これもまた例に漏れず意味はない。 というか、また更新が滞った。文を書こうと思わない方向によくなってきているのか、思えない方向に悪くなっているのか、微妙なところである。 今日も今日とて何やらの副…

てんたいかんそくのはなし

これもまた意味は無い。 強いて言えばたまたま書いているときにオブチキンの天体観測が流れていた。それだけである。 秋服がない。秋服はともかく、冬服もない。 冬服がないと冬に皆から心配される。 それが困る。 心配されるだけで無視をすればいいという話…

おねがいしますの話

本日も特に意味はない。 何かお願いをしたりされたりするのであれば、まあそういう関係にはならないのが一番だろう。 ならないなりに願いが叶うなら、というたらればを言えば目下とりあえず学費を払い切ってしまいたい。 というわけで働き詰めている。具体的…

ちいさなしまですこやかにの話

特に意味はない。 そういえば書いたか書いていなかったか、来年4月から学生になるらしいことが決まった。決まっただけで入学金の納入はまだのばしにのばしているので「やっぱやーめた!」ができる状態である。 しかし、会社には年度末で辞める前提で入っている…