おかかえのあたま

ぐれたりぐれなかったり

皮膚科に行ったの話

「古傷が痛む」という言い回しがある。今までいまいちわからなかった。最近は歳を取ったせいか、なんとなくわかるようになってきた。

 

 

以前勤めていた会社で倒れたことがある。打ち所悪く、瞼を3針縫い、頬に大きな痣と切り傷、擦り傷ができた。1ヶ月少しの間、お岩さんになっていた。当時は「もうこんな顔じゃお嫁に行けない」と絶望したものだが、安心してほしい。いまだに嫁には行けていない。言わずもがな杞憂であった。

今年に入ってから、頬の擦り傷痕が体調が優れなかったり、体温が上がるとやたらと熱を持って、痛痒いような、腫れるような感覚になることが多くなった。化粧をしてしまえば、頬紅で隠れる位置ではあるが、そんなことをせずともどうにかしたい。朝イチで皮膚科に行った。

 

処方はヒルドイド、ケトコナゾール、ビタミン・ビオチンの粉末、ステロイド軟膏である。ビタミン粉末は不味くはないが、おいしいかと聞かれると「?」というビタミンの味がするもので、皮膚科いわく「肌がそんなに強くないかもしれないから、内側からもアプローチしてみましょう」とのことだった。うーん、昔の肌は割と何もしても平気だったが、季節の変わり目程度で古傷が荒れるような年齢になったという事実が悲しかった。少しずつ歳を取っている自覚はある、ただ自覚と時間の経過に乖離がある。もっと言えば、精神の幼稚さに肉体の変化が伴っていないということだ。

 

きれいな書き方をした。要するに老化する自分の身体をうまく受け止められないでいる。古傷の荒れなど、きっと序の口なのだろう。やがて白髪を染め、目尻の皺やほうれい線を消す努力を朝晩行い、膝やその他の関節が何の原因もなく痛むのだろう。脈々と受け継がれてきたおねえさま方の技術を自分が継承する日もそう遠くはないのだ。

不老不死の八百比丘尼は美しさを保ったまま入定したが、それも愛別離苦に耐えかねての印象である。人間はそれぞれが平等に時間と共に成長し、老いていくべきものだという教訓なのかもしれない。しかし、わたしは頭でわかっていつつも、身体が老いるのはどうしても抵抗がある。見苦しくとも足掻いておこうと思っている。

 

 

さて、皮膚科の話に戻る。朝イチの受付時間に到着したものの、待合室はご高齢の方々で溢れかえっていた。一体何時から受付開始していたのか、老人の社交場は整形外科と相場が決まっていないのか、そもそも老人たちは皮膚の何が気になるというのか、頼むからくだらないシミや痤瘡でいちいち診療の枠を潰してくれるなよ。わたしはともかく、赤子や幼い子を持つ親がかわいそうである。

医師も生い先短い老人の皮膚の治療がしたくて医師免許を取得したのだろうか。人間の価値は残りの寿命のみではかることはできないとは思いつつも、高齢者ドライバーが小学生の列に突っ込む事件を見たような後味の悪さが待合室に充満していた。まあ、老いを受け入れられないわたしも同類なのかもしれない。とは言いつつも、顔の荒れは他人に要らぬ心配をかけ、または不快にさせるかもしれないので、整った状態を維持する努力はしていく。(皮膚科通いの言い訳である)

 

 

 

とりあえずは処方されたもろもろを規定通りに使っていき、難しそうならまた皮膚科に相談するつもりである。

 

 

 

 

ビオチンが薬に入っててもたまごはたくさん食べるよ。

ビタミンが薬に入っていてもキレートレモンはたまに飲むよ。

 

 

 

 

 

つるつるむきたまご。

あぐれ

続・蚊に刺されるの話

合計で5箇所になった。かゆい。

 

前記事はこれ。

 

af-doctor.hatenablog.com

 

 

 

 

まだ5月、されど5月である。虫除けスプレーをせずにてれんこてれんこ歩いていたのが災いした。生存競争に参加することを放棄した豊満な無職など、産卵を控えた蚊の雌にとっては格好のご馳走というわけである。人生を舐めすぎた。

 

 

朝に歩いても刺されるし、昼に歩いても刺されるし、夕方や夜はもっと寄ってくる。必死なのはわかるが、わたし以外の暇そうな無職の血も吸っておいてほしい。5月から蚊に狙い撃ちをされるほど、悪行を成してきたおぼえはない。とはいえ、蚊に人間の理論が通じるはずもなく、このまま毎日てれんこてれんこ歩いていたらいつか全身蚊に刺されまみれの無職が完成してしまうだろう。この勢いで某ゲームの冒頭がごとく「かゆうま」するのもありかもしれない。まあ、ノータイムでなしである。

この際、心を鬼にしててっくらてっくら歩くか…。もはやそういう問題ではないことも承知の上だ。薬局で虫除けスプレーを買うしかない。我が家には去年の残りは置いていなかった。

 

 

ちなみにわたしはこれだけ苦しんでいるものの、外の金魚はといえば「今年もこの季節がやってきた」と言わんばかりである。わたしが刺されて金魚鉢に蚊が産卵し、孵化すると、ことごとく金魚の餌になる。ゆえに今の時期からまた餌を少しずつ減らし始める。できることなら、吸血前の蚊をとっ捕まえて食べる機能を金魚に搭載してほしいが、願ったところでそんなことが実現してしまったら、まっさきにわたしが捕食されるだろう。かゆうまの暇もない。

 

 

 

ハッカ油が蚊除けにいい云々あるが、何が一番効くんだろうか。

黒いGのつくアレにはレモンの類で寄ってこなくなる。玉ねぎとアルコールは逆に寄ってくるようになるので、そのあたり個々人でがんばってほしい。

 

 

 

 

かゆうま速報。

 

 

 

 

グルメモスキート。

あぐれ

たまごをたくさん食べるの話

未だに飽きもせずスキレットを使っている。

 

 

ここのところ気に入って作っているのは、ニンニクとベーコンが大量に入ったオムレツである。毎回たまごを3つ使う。日に2回食べる。1日に計6個のたまごを食べていることになる。コレステロール云々の話はあるが、わたしはコレステロール値が大抵低めなので多少上げる努力をした方がいいと思う。まあ、体のいい言い訳だ。

 

たまごはビタミンCと食物繊維以外のほぼ全ての栄養を摂れると言う人もいるくらい栄養豊富らしい。そこからぴよぴよが生まれてくるのだから当然である。今のわたしの体はおそらく50羽くらいのぴよぴよたちの素が散らばって巡っているのだろう。ぴよぴよのおかげで今日も元気に過ごすことができた。生まれこぬ運命を背負って産み落とされたぴよぴよたちに感謝。

 

雑学的であるが、たまごにはビオチンが多く含まれている。日本人には馴染みの薄い栄養素だが、アメリカかどこかの国(忘れた)ではビオチンサプリを美肌のために飲む人が多いとのことである。現代日本でビオチン不足の人はそう多くはないらしいが、マルチビタミン系のサプリとビオチンの併用でニキビや吹き出物が減ったという人が多いようだ。わたしもなんとなく肌をきれいなまま保ちたくて、たまごのビオチンにあやかろうと思っているというわけである。ビタミンCはキレートレモン出摂れるし、食物繊維は適当にきのこと玄米でも食べておく。かんぺきパーフェクトな食事である。

 

 

 

たまご効果でたまご肌になりたいね。

    

 

 

 

 

ぐるぐるスクランブルエッグ。

あぐれ

蚊に刺されるの話

今年もとうとうあの季節がやってきた。

 

 

子孫を残すために必死に吸血をし、我々の皮膚に痒みの置き土産をしていく蚊の季節である。ちなみにわたしは今年既に2箇所刺された。めちゃくちゃにかゆい。ムヒの高いものを使っているが、かゆい。

 

蚊に刺されは刺された瞬間に「あ、やられた」とわかるものと、自分で赤みを見付けて「うわ、かゆい」と気付くもののふたつにわけられると思う。わたしは大体見付けてかゆくなる型の人間である。認識できていなければかゆくない気がする。気持ちの問題である。

 

 

家中でぐるぐるの蚊取り線香を焚くべきか迷うが、今年の2箇所は今のところ外出中にやられているので、虫除けスプレーを使うしかない。面倒である。朝に虫除けしても昼くらいには効果がなくなっている気がする。こまめにスプレーし直すべきというのはわかる。わかるが、出先だと虫除けスプレー自体が嵩張るし、いまいちどこでかけ直していいのかわからない。お手洗いでいいんだろうか、火災報知器が鳴らないか心配だ。

 

噂によると、蚊に刺されづらい体質の人もいるらしい。蚊は基本的に二酸化炭素濃度の高いところと湿度気温の高いところに引き寄せられる習性があるとのことで、つまり汗をたくさんかくデブは刺されやすいということである。わたしのことか。

要するにとりあえずは痩せれば多少蚊の被害もましになりそうな感じがする。高い服を買うより痩せろ、珍しくアクセサリーをつけるより痩せろ、虫除けスプレーもいいが痩せろということである。世の中の大抵のことは痩せたら解決するのではないだろうかとさえ思えてしまう。わたしに限った話だ。真に受けないでいただきたい。

 

 

 

 

蚊も蚊で、栄養豊富な血液を吸えるか否かで産卵の可否が決まってしまうとのことなので必死である。ふだんは花の蜜なんかを主食にしているらしい。病原菌の媒介者でなければ意外と無害な生き物なのかもしれない。しかし、人から嫌われるフォルムをしているのは損である。輪廻転生は信じていないが、万一蚊になってしまったら「ぱちん」と叩いて次のステージに進めてほしいところである。

 

 

 

 

ぶたの蚊取り線香使いたいね。

 

 

 

ぐるぐる蚊取り線香

あぐれ

ポケモンGOの話

まだやっている側の人間である。

 

 

今のトレーナーレベルは34。課金せずにプレイしている人の中ではふつうか、少し上かくらいだろう。

 

 

 

最近はもうほしのすながどうでもよくなってきて、ひたすらジムの防衛時間を伸ばすこと、いろんなジムのバッジの色を金にすることに執心している。とは言うものの、しれっとミュウ、ミューツー、サンダー、ファイヤー、ラティアスラティオスは捕まえた。

新しく実装されたポケモンリサーチのおかげで、特にやる気の出なかった野生のポケモンをガンガン捕まえるようになった。また、そのためにとにかく歩く。

 

ミーハーな人間なのでジムに色違いのポケモンがいると、自分も少し捕まえたくなる。いまだに赤いギャラドスをほしいと思っている。そのためだけにコイキングのアメも500以上貯めっぱなしにしてある。早く金のコイキング出てこい。

 

 

 

色違いで持っているのは、フシギバナグラエナハリテヤマだけだ。ミニリューやメリープホエルコのときは色違いを探そうと思っていなかったので少し後悔している。ピンクのハクリューがほしい。

 

 

 

ここのところ、やたら昼が暑くなってきてしまったので、昼の散歩がしんどいことこの上ない。水を持たずにてれんこてれんこ歩いていると、即汗だく即脱水症状が出始める。暑い時期にポケモンGOをやるのは早朝か夕方以降に限る。しかし、蚊には気を付けねばならない。いつの間にかかゆくなる。

 

また、ナイトレイドが始まったので、暗い時間でもレイド参戦できるのはお昼嫌い勢にとってありがたいことだと思う。おそらく、会社員や学生向けだと思うが、わたしだってうれしいものはうれしいのだ。まだアブソルを捕まえていないので早くレイドでゲットしたい。

 

 

 

どうでもいいことだが、いまだにカビゴンを入手出来ていない。たまごから孵る気配もないし、どこに生息しているのやら…。

 

 

 

 

毎日おさんぽたのしいね。

 

 

 

 

ぐるぐるニョロモ

あぐれ

試写会に行ったの話

「phantom thread (ファントムスレッド)」の試写会に行ってきた。アカデミー賞の衣装賞?を受賞、その他いくつかの部門にノミネートしているらしい。

 

 

 

感想はとにかく服と音楽がきれいだった。 上映時間は130分だったが、飽きずに最後まで観られた。思い出しても、やはり音楽がよかった。

 

 

phantom threadは、オートクチュールのドレス製作者を中心に据えて、美しい女性がたくさん登場しつつ進行していく。ネタバレになりそうなので、あまり書かないでおこうと思うが、個人的には主人公のお姉さん役の人がとてもよかった。黒のスーツ?ドレス?がとても似合っていた。ああいう歳の取り方をしたいと思える演技だった。強い女性は美しい。わたしも強く美しくありたい。

 

鑑賞前はブラックスワンのような内容を想像していたが、また少し趣の違ったこわさのある作品だった。芸術や恋愛で狂気じみているという点ではかなり似ていると思う。

 

 

整っていることは正義、秩序だった生活も正義、その正義もまた個々人のみに当てはまるもので、他人にとっては悪か枷か、まあそんなところだろう。いつの世も押し付けられる側が割を食う。

 

 

 

上映後に精神科医と作家のトークショーがあった。精神科医共同幻想と対幻想ということばが懐かしくて、少し嬉しくなった。話は逸れるが、世の中の人たちは共同幻想の中で生きているのである。常識も貨幣価値もモラル、ルール、マナー、そういうもの全てが共同幻想なのだと思うと気持ちが楽になる。我々は幻想の中で不可逆な現実を刻んでいるのだ。

 

願わくばわたしの病気や投薬も幻想のであってほしい。抗不安剤と再燃の亡霊に取り憑かれて生きていくのは御免である。

 

 

 

愛ゆえに毒を盛る。うーん、江戸時代の心中物なんかにしたらかなり売れたんじゃないだろうか。「愛ゆえに」という行動をここのところまったくしていない。相手がいないのだからしようにもできない。わたしがしているのはせいぜい高齢者や社会的弱者への慈悲か憐憫からの行動のみである。底の浅さが知れてしまう。

 

 

 

 

愛だの恋だの遠ざかって久しいものになってしまった。

 

 

 

 

ぐるぐるかざぐるま。

あぐれ

暇の潰し方の話

無職でも1日は24時間である。

 

時間が有限ではあるものの、社会人学生に比べれば格段に時間の余裕がある。言い換えると暇な時間が多い。正直なところ、あまり暇でつまらないということを思わない人間なので、困ったことはないがふだん何をしているのかについて少し書こうと思う。

 

 

基本的には

散歩

中国語

ジム

料理

金魚

美容系のモデル

試写会

友人知人と食事

砂や水になる遊び

の順で時間を潰している。美容系のモデルはこの前に書いた美容室のカットモデルやブローモデルもするし、エステのフェイシャルや痩身なんかも行くし、ネイルもまつエクも行く。これだけで意外と外に出る上に身だしなみが勝手に整い、それなりに充実しているようにみえるというわけである。ちなみに東京や大阪などの大都市圏に住んでいる人たちは神経質でなければ進んでカットモデルやブローモデルなんかをやったらいいと思う。お金が浮くというより、アシスタントさんや技術向上を目指すスタイリストさんたちに感謝される。もちろん金は浮く。一石二鳥である。

クリニック系のトライアルにもたまに行っている。効果が出れば、また職に就いたときに通うし、わからなければいくら勧誘をされようが通わない。よく「当日の契約限定で割引やオプション無料」というのがあるが、あんなものは判断力を削いで契約に持ち込ませようとする姑息な営業方法だと思う。大抵、そういう文言が出たときには「持ち帰って考えます」と答えておく。あまりにしつこいときには「そういう営業方法は苦手です」と言い切る。大事なことはお互いに無駄な時間と手間をかけないことである。

 

 

 

映画にそこまで興味はないが、試写会にはそこそこ行く。今年行くことが決まっている(行った)のは

ちはやふる 結び

終わった人

ファントムスレッド

恋は雨上がりのように

である。これも会社員だと行けるか行けないか微妙な時間に上映が開始することが多いものの、無職であれば関係ない。自分の予定を合わせろというだけである。個人的には劇場で観るのであれば洋画かアニメがいい。でなければ、派手なアクションや爆炎が上がるようなものがいい。迫力のあるものは劇場で見たい。洋画は字幕でも吹替えでもいい。観るとなったら細かいことは言わない主義だ。正直なところ、細かいことはわからないというのもある。いちいちいろんなことに目くじら立てずに過ごすのが人生をうまく楽しくしていくコツだと思う。

 

 

 

つらつら書いていたら次の予定の時間が近くなってきたのでここらへんで。

 

 

 

てれんこてれんこ歩いておさんぽ。

 

 

 

 

はぐるまぐるぐる。

あぐれ