おかかえのあたま

ぐれたりぐれなかったり

ご無沙汰していたの話

およそ半月ぶりの更新である。

 

特段何があったというわけでもなく、書き溜めていた記事を全て消して一度自分の軽躁と向き合う時間を作ってみようと思っただけだ。

かっこよく言ったものの、要するに予定を詰めに詰めただけの話である。中高大全ての友人、それぞれの恩師に会い、兄弟に飯を奢り、前職の同僚と少しばかりの世間話をし、振り返ってみれば、さながら自死寸前の人間が人生の総まとめをしているようにも見えただろう。まあ、近い部分がなかったと言えば嘘になる。

 

 

人生というものは不思議なもので、それなりに上向きの人間に合うと自身の方向も自ずとそちらに寄っていく。引き寄せの法則等々は宗教じみていて基本的に好きではないが、環境がその人間を形作っていくという主張をしているわたしからすると、まるまる否定できるものでもないのでなんとも言及しがたいところである。

話が逸れた。

たまたま、高校時代の旧友と話していた日に帰宅をしたら、ここ3ヶ月ほど社労士の先生にお世話になっていた事案の結果が届いていた。文脈を察することの出来る方々はおわかりだろうが、言わずもがなこちらの要望が通った形での結論が出た。ようやくここから動き出せるというものである。

大っぴらにやる類の民事訴訟に比べたら、期間は短く、大したことのない手続きであったが、正直なところ士業の方々の力を借りねばならない事柄というのは面倒なことこの上ない。感想を申し上げよう。くそめんどうだった。

が、そのおかげで後々の事案の手続きは非常に円滑に進めることが出来る。ようやくここから動き出せるというのはそういう意味でまだまだスタートラインにすら立てていないのが現状だ。軽躁で身軽な期間もいつまで続くかわからないため、面倒事は早め早めで片付けておきたい。

 

 

あとは面倒事は続くもので以前の記事が更新される少し前に慢性骨髄性白血病とやらの疑いが出て、血液検査と骨髄検査もした。結果はシロ。問題なしであったものの、診断結果が出るまではやきもきするものである。

通常時、わたしはやや微熱気味で白血球数は健診でひっかかる程度の高さであったが、いつぞやの血液検査の結果で大した熱もないくせに白血球の数が爆増、内科で「これはちょっと検査をしてみては?」とのことで紹介状を書いてもらい、のこのこ総合病院で針を刺されたというわけである。採血程度ならなんてことはないが、骨に関する注射だか検査の類は二度とやりたくない。代わりに血ならいくらでも抜いてくれて構わない。

慢性白血病というのは初耳で、検査の前後にネットと書籍で少し調べた。急性とはまた諸々の原因だの症状だのというものが別のようでいまいちよくわからなかった。ガン化する細胞云々の話で遺伝子がどうのということもあちこちに書いてあったが、X染色体に乗る可能性があるとして、わたしの場合はそもそも戸籍上の父親が9割9分非血縁者のため、遺伝子云々を追うに追えないというところがある。これもまた考えるだけ無駄になりそうなので、ひとまずは結果を待つことにした。馬鹿な母親を持つと子どもに皺寄せがくる。馬鹿な女はいつだってきらいである。頼むから後先のいずれかは考えて行動して頂きたい。彼女の場合は、今更言ったところでどうにかなるものでもないので、この際だからと携帯電話の番号とメールアドレスを変えてしまった。住所はひとつ前から教えていないし、追おうと思えば住民票か何かの開示を区役所にでも求めれば、住所くらいは分かるのだろうが、おそらくそこまで賢くはないし、わたしへの執心もないだろう。所詮はその程度の人間である。暇なうちに分籍でもしておくか、戸籍の筆頭者が父親というのも毎度見るに耐えない気分にさせられる。言ってしまえば最悪だ。いちいち過去を思い出させないでほしい。肥溜めの中に埋もれているのではないだろうかという不快さが胃の底、脳味噌の奥からこみ上げてくる。どうせなら本籍も適当なところにしておいて問題ないはずであるし、わかりやすいところを検討してみようか。

さて、骨髄検査の話に戻る。

ただ、待つというのもしんどいもので、軽躁にかまけて予定を詰めまくった。多少気は紛れるものの、賃貸の部屋に戻ればひとりである。蛇口を捻った真夏の水道水と同じで、あたたまってぬるくなった心臓を急に冷やすが如く、薄ら寒い現実を突き付けてくるものである。相談する親もいなければ、友人にこれ以上の心配はかけられない。とにかく黙って検査結果を待つしかないのである。沈黙は金だが、代償は高い。片っ端から王水をぶっかけてやりたい気分になっていた。

帰ればとにかくひとり生き埋めの日々であった。

もう一度言うが結果はシロ。わたしの微熱気味の原因はやはり自律神経の狂いであり、多めの白血球は単なる体質で結論が出た。

 

似たような言い回しをまた使ってしまおう、人間というものは単純なもので、結果に問題がなければその物事からは大抵解放された気分になり、憂鬱だった日々もまたそこらに転がる思い出のひとつなってしまうのである。わたしの場合、自律神経のゴミさを除けば3日で復活したキリスト同様、余裕のヨシュアであった。軽口はこれくらいにしないと旧約聖書の信奉者からぶちのめされかねない。

 

 

 

さて、投薬に関してだが、

大きな変更はなく

ラミクタール50mg

デパケンR500mg

と完全に抗躁で処方が増えただけである。

抜群の攻撃力、もとい戦闘力で元気に生きている。

 

またブログもぼちぼち更新されるだろう。物好きだけが読めばいい。

 

 

 

 

ひとつ付け加えると、およそ50階建ての絶好の投身スポットに最近大手を振って出入りできるようになった。

いつだって用意は周到、準備は万端に。

あぐれ

軽躁の話

耐えられない。とにかく何かをしてないとだめになる、立ち止まるとまたうつ転しそうでこわい。立ち止まらなくてもそのうち今の代償を払うときが来るのかと思うと絶望する。

首を吊ったとき、死んでおけばよかった。人にみつからなければよかった。合鍵なんて渡さなければよかった。若くて惜しまれるときに死んでおきたかった、死んでおくべきだった。

今となってはもう生きる意味もないし、死ぬ意味もない、ただなんとなく時間が過ぎるだけでわたしがこの世にいる価値はない。躁で気持ちを誤魔化していてもいつだって生まれてきたくなったし、早めに死ぬべきだと思う。早めに死ねなかった自分が悪い。首吊りも服毒も、生き残る可能性が高かったのに最後の最後で生にしがみつこうとした馬鹿な自分を誰か殺してくれ。父親はどうしてわたしがもっと幼かった頃に殴り殺してくれなかったんだろうか、本気で殴り続ければ抵抗しない小学生中学生のガキなんて簡単に殺せたはずだったのに。無意味な人間性が出てしまったんだろうか。殴られてる間、ずっと生まれてきたことを後悔していた。泣くと余計に殴られるから、黙ってサンドバッグになっていた。ずっと生まれてきてごめんなさいと言って見知らぬ神に許しを請うた。許してもらえず結局当時の記憶を引きずったまま精神障害者が出来てしまった。なぜ殺してくれなかったのか。子どものときに殴り殺されたかった。いつも親の顔色を伺って男の人が怖くて、親の喜びそうなことをして、何一つ見てもらえなくて苦しかった。父親と顔が似ていない。どうしようもない事実を母親はへらへらしながら伝えてくる。わたしはどうしたらよかったんだろうか。高校にも大学にも行かずに馬鹿な地元の奴等とつるんで子どもでも作っておけばよかったんだろうか。それとも父親も母親も刺し殺して少年院にでも入って人生の枷を取り除けばよかったんだろうか。なんで兄弟でわたしだけ殴られていたのか、なんで母親はいつも見て見ぬふりをしたのか、全部答えはわかっている。わたしだけ父親と関係のない生物だからだ。どうしようもない。わたしにはどうしようもない。生んでくれと頼んだわけじゃない。育ててくれと頼んだわけじゃない。父親だってどうせ勘付いているなら潔く殺すか、児相にでも預けてほしかった。大学まで出して無駄な恩をうらないでくれ。わたしは親不孝のレッテル張りが嫌で会社では盆暮れ正月毎回嘘を吐き続け、そんな自分にも嫌気が差したし、もう疲れた。いちいた取り繕うことに疲れた。殺してくれないなら頼むから早く死んでくれ。わたしのために死んでくれ。殺すほどの気力はないし、そこまで彼等を愛していない。わたしにも兄弟にも迷惑をかけず勝手に死んでくれ。難しいなら殺してくれ。

万が一また生まれることがあったとしたらもう2度と人間には生まれたくない。

7月になってしまったの話

歳を取れば取るほど時間の感覚は早くなる。

致し方ないことではあるが、早くも無職が7ヶ月目というわけだ。我ながらなかなかに粘っていると思う。

 

 

これは世の中の社会人たちに話したら刺し殺されそうなことではあるが、わたしは基本的に働きたい人間である。特に軽躁のときは働きたい。働きたさが天元突破しそうなところを軽躁がもう少しおさまるまで我慢して無職をしている。

まあ、暇と言えば暇ではあるが、金を使わずに暇を潰す方法もいくつかあるので退屈をすることはそこまで多くはない。働いていても無職でも人生は楽しく、産まれた事実はかなしく、生存し続けることを期待されることの重圧はいい加減にしてほしい。

 

積極的に死にたいかと聞かれると、今はまだいいというところだ。軽躁でアッパーアッパーしていたら「よっしゃ、ちょっと飛び降りてみるか!」となりそうな気もするが、それはこれで悪くない人生の締め方だと思う。

とにかくだらだらしぬしぬ言って生きながらえるババアより、サクッと死んでいく若者の方が綺麗で儚く美しい。若さはそれだけで美であるし、美であるがゆえに壊したい。

何を言っているのか、わかる人にだけわかればいいのである。美しいものは壊したい。自分の手で壊したい。

出来るかぎり美しさを保ったままで壊したい。

わたしのムカつく人の大切な人たちも壊したい。嫁や子どもや別のものでもいい、壊したいものなんていくらだってある。

 

言わないだけでみんな破壊衝動を抑え、もしくは別の何かに昇華しつつ生きているのではないだろうか。

健常者はそれが仕事であったり、趣味であったり、若ければ受験勉強や性行動あたりだと思う。異常者は破壊衝動を抑えられないので、実際に何かを壊したり、燃やしたり、殺したりしてしまう。まあ、異常者は現代日本に適合できなかった馬鹿なので、基本的に大学病院の献体か、臓器移植を待つ健常者に提供されればいいと思う。循環型社会、ここに極まれりというところである。

 

 

なんだか話が逸れてしまった。

要するに早くも7月で暑いのでみなさまは熱中症にお気を付けくださいねということである。

わたしは毎日元気に水風呂なのでとうとう先月からガス代が1000円を切るようになった。無職ということもあり、もはや生きているのか死んでいるのか微妙なところで、携帯料金よろしく実質:死である。

 

 

 

次の仕事のこともそろそろ考えませんとね。

 

 

 

ぐるぐるグループディスカッション。

あぐれ

ポケモンGOのフレンドが増えたの話

相変わらず毎日元気にポケモンGOをプレイしている古参である。

 

 

最近になってフレンド機能が実装されて、フレンド同士でギフトと呼ばれるアイテムの交換と物理的距離が近ければ手持ちのポケモンの交換もできるようになった。

感動した。

わたしはリリースからおよそ2年?いまだにカビゴンを捕まえられていないクソ雑魚ユーザーなのである。

心優しき誰かからカビゴンの交換をお願いしたい。

 

 

ギフトの交換だけでも構わないという人はフレンド申請をしてほしい。

青、東京、基本ソロ、TL35、非課金まったりプレイ
4626 2746 6365

 

完全に宣伝になってしまった。

 

ただ、わたしは個人的にこういうアイテムの交換なんかが好きである。お互い大した労力もなく、しあわせになれる制度がすきなのだ。しかも、ポケモンGOのいいところはメッセージ機能がないため、本当に淡々とギフトを送り合うだけのさっぱりした関係も非常に良い。ナイアンティックと任天堂社を賞賛したい。既にしている。

 

SNS系のゲームで面倒なのは他人とのやり取りがあるものだ。あれは同性同士ならまだしも異性が絡むと面倒なことこの上ない。わたしは何一つ手を出したことがないが、囲い囲われ会う会わないだの面倒そうである。

ポケモンにそんなものは要らないのだ。純粋に捕まえたい人は捕まえ、図鑑を埋めたい人は図鑑を埋め、レイドをしたい人はひたすら戦い、卵を孵したい人はひたすら歩けばいいのである。平和なことこの上ない。

ああ素晴らしきかなポケモンGO

 

 

 

そんなところで今後もハマり続けると思う。

 

 

 

 

 

ぐるぐるグランブル

あぐれ

薬がまた増えたの話

デパケンが300mgになった。 

 

 

 

af-doctor.hatenablog.com

 この記事にデパケンが200mg足されたというだけの話である。

 

 

今のところ抗うつ剤は出てない。

要するにアッパー系の薬は出ていない。

にもかかわらず、攻撃力は上昇し続け、ひたすらにアッパーである。こういうとき、大抵わたしは歩き煙草をする喫煙者にキレ散らかし、スカウトやストナン師にもキレ散らかし、大抵男性への憎悪が極大を迎える。

 

要するにこれを抑えたいので脳みその興奮系の物質を抑える薬を出してほしいと主治医に頼んだというわけだ。そして100mgではまったく足りず、もう3倍にしてしまえ!というところで様子見になった。

さて、どうなることやら。

 

 

 

ちなみに軽躁は攻撃力が高くなる他にも、仕事をしていれば抜群に数字が伸びる。なんせ疲れ知らず怖いもの知らずでひたすらに攻めの営業をかけ、協力会社を叩きに叩き経費を減らし、取れるだけのオーダーを取り、社内でも「こいつの機嫌を損ねると面倒」という方向に持っていき、軽めのジャイアン状態で働けるからだ。

一般事務だとこうはいかないだろうが、営業もどきをさせられていた頃はとにかく症状と数字の伸びがよくハマっていた。

個人的には常にアッパーで攻めの営業を出来る人たちは軽躁を恒常的でうまく自分の中でコントロールできる人なのではないかと思う。残念なことにわたしは軽躁の代償を抑うつで支払う側の人間だった。こればかりはそもそもの気質や当時の環境、その他の副次的な要因が絡んでくるため致し方ない。

 

 

 

そんなところで。

 

 

 

ぐるぐるグリンピース。

あぐれ

今年初めて靴を買ったの話

そもそも無職に靴は要るのかという論は置いておいてほしい。

そもそも論でしあわせになる人はあまり多くない。

 

 

 

 

 

さて、掲題の通り、靴を買った。

2足買った。2足と言いつつ、ひとつはサンダルなので靴に入れていいのか微妙だが、上履きではないという意味では下足なので正真正銘靴である。何の話をしているのか。

 

 

サンダルはまあ、ふつうにサンダルである。いわゆるつっかけの類で色や雰囲気こそ青系のデニム地で夏にしたものの、完全にご近所ファッションの域を出ない。

 

 

もう片方は15cmくらいの高さのある靴である。つっかけと打って変わってハイヒールというやつだ。基本的にわたしはヒールのある靴がすきなので、年齢の許されるうちは全力で攻めのハイヒールを使っていく。

 

 

 

攻めのと書いて思い出した。最近はよく「攻めの無職」という単語を使っているので「攻めの○○」系はみなみなさまにおかれましても時と場合に応じて大いに使っていただきたい。

 

 

 

話が逸れた。

新しい靴はサンダルはまあ今年いっぱいくらいは使い倒すだろうが、ハイヒールの方はおそらく2か月も使えばだめになるだろう。

これはデブとハイヒールの悲しい運命で、歩けば歩くほどかかとのラバーが潰れていくのである。それなりの値段のものを買ったときはミスターミニット的なところで靴のかかとわ直してもらうが、ここのところはそんなに高いものを買わないので全て潰れたらそれはそれで使い捨てである。

 

ああかなしきかな、資本主義。

ものに溢れてしまうと

「壊れたらまた買い直せばいい」

という感覚になってしまう。

もちろん、それで経済は回っているので一概に否定できる話でもないが、壊れてまた買い、壊れてまた買い…

まあ新陳代謝と思えばいいか。自分の体も同じであった。

 

 

 

そんなこんなでヒールの靴のときは170cm超え。

 

 

 

 

ぐるぐるグローバルスタンダード。

あぐれ

浴衣を着ておさんぽをしたの話

正直、時給を間違えた感は否めない。

ただまあ、何人かで浴衣で集まろうとなったので集まった。

 

 

 

 

特に隠してもいないが、わたしは浴衣の着付けができる。帯も半幅であれば余裕で結べる。この歳で作り帯は少し厳しいものがある。

昔茶道だか華道だかをやっていた頃はまともな(?)着物の着付けもできたが、正直もう何が何だかわからなくなってしまった。

それに比べ、浴衣は楽ちんである。おはしょり作って帯を結べばおしまいだ。

 

 

 

おさんぽをしたと書いたが、さんぽ自体は夕方以降にした。でないと暑くてしぬ。浴衣でなくても最近は暑くて昼にさんぽはむりである。しぬのでは?

 

浴衣で外をふらつくというのはそれなりに楽しい。基本的に自宅内では全裸のわたしだが、外に出るときはさすがに洋服を着る。浴衣だと和装なのでなんとなくの非日常感が味わえる。お手軽なテンションの上げ方である。

 

男性の場合はどういうものが該当するんだろうか、会社員はいつもスーツを着ているし、私服もそれなりに着るだろうし、浴衣で遊ぶと浮くんだろうか?まあ、人の目など盗撮でもされない限りは気にせずに生きるのがいちばんである。世の中のギャルやロリータを見習っていきていくべし。

 

 

 

ブログがいつも長いと怒られるのでこのへんで。

 

 

 

 

ぐるぐるの帯。

あぐれ