おかかえのあたま

ぐれたりぐれなかったり

金魚

水草が死にまくっているの話

アマフロは増えている。 金魚藻だの金魚草だの言われる方のマツモが減っている。 減少の原因は室内の金魚がマツモを食べまくることと、室外の睡蓮鉢が青水になってしまったことである。ゴールデンウィークにせっかく睡蓮鉢をきれいにしたのにあっという間に…

水草がばんばん増えるの話

アマゾンフロッグピットこと、通称アマフロである。 マツモも増えることながら、アマフロの増え方といったら! オリヅルラン的に増えていくのだが、ここのところ暑いのと金魚のせいなのか餌のせいなのかとにかくアマフロが増えていく。そのうち金魚鉢を覆い…

鬼籍に入るの話

青一がお亡くなりになった。 正直、自宅で塩浴をさせているときから「水面で口ぱくする癖があるなあ」とは思っていたものの、塩浴2日目で不思議な動き、言ってしまえば痙攣しがちな動きをしていて、どうだろうかと思いつつ、3日目に帰ったところで確認したら既…

水草の話

金魚話の続きである。 生体購入と同時に アマゾンフロッグピット(以下アマフロ)3株とマツモ5株を買った。 アマフロは浮草の中でも繁殖力の強く手入れの要らない部類で、水中に伸ばした根が水槽内の富栄養化を防いでくれる。 マツモは根を持たない水草でこれ…

同居する方が増えたの話

金魚である。 増やしたのは 更紗琉金 朱文金 三尾和金 のそれぞれ1匹、計3匹。 上から順に 有楽町 青山一丁目 赤坂 と名前をつけた。 ちなみに先住者の更紗琉金の銀座さんはおそろしく気が強く、青一と赤坂に遊泳力で劣っても隙あらばいじめ(いじめか?)をし…

最近の銀座の話

我が家の金魚である。 銀座、オスかメスかは知らないが、便宜上彼女としておこう。 我々は同居し始めてかれこれ2年かそれくらいになる。とりあえず冬は2度越えているはずである。 いつぞやに書いた記事にもあるように我々は当初室内で同居をしていたが、なか…

音楽の話

音楽に疎い。絶望的なほどに疎い。 先に断っておく、これは金魚を再び外に追い出す前の話である。 つい最近までワンオクロックとリンキンパークの違いがわからなかった。ファンが聞いたら火炎瓶でも投げ込まれても文句は言えない。 とはいうものの、疎いだけ…

金魚を戻したの話

掲題の通りである。 昨日さんざん 「終わらない」 「もっときれいにしたい」 「水質が」 云々言ってた割に一晩寝たらやはりどうでもよくなった。というか、水をじゃばじゃばJavaScriptで入れ替えていたら、そこそこにきれいな雰囲気が出てきたので、米びつの水と5…

金魚の話

いつぞやの記事にも書いたように金魚を飼っている。 我が家の金魚は琉金である。赤白のコントラストがきれいだ。名前は銀座とつけた。気が強くて美しい。それにわたしの飼う金魚にしてはそこそこ高かった気がする。ピラニアの餌用金魚が1匹10円くらい、銀座…