おかかえのあたま

ぐれたりぐれなかったり

ご無沙汰しているの話

夏が終わったとのことである。 ブログを放置して1ヶ月半、書き溜めていたので2ヶ月放置していた感があるがそのあたりどうでもよかろう。 寒くなった。仕事もし始めた。歳も取った。髪を切った。ネイルを変えた。薬も増えた。 仕事のおかげか一日、一週間の…

カレーの話

なんというか最近カレーばかり食べているためカレーの話を書く。 国内系列だとココイチよりはC&C派である。あれはよい、特に新宿本店が良い。次点で渋谷、明大前と永田町も捨て難いというところだ。明大前と永田町は駅中にあるため、乗り換えで使い、小腹が…

多国籍の話

夏からたまに行くカレー屋の話である。 ルクラヒマラヤというネパール?タイ?インド?料理屋である。 https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13114913/top_amp/ タベログ?ぐるなび?のURLを貼っておくがもちろんキックバック…

過食をどうにかしたいの話

どうにもならん。 とはいえ、どうにかなりつつはある。 自分でイラつくくらいに食べている自覚はある。はっきり言って発狂してしまいそうだ。来週だか、更に先だか、社会復帰したあたりで食が細くなればいい。 考えても仕方がないので。つかれた。

ぐるぐるの話

最近のブログはつまらん。 わたしのブログのことである。もともと自分のブログがめちゃくちゃにおもしろいと思って書いているわけではない。しかし、誰かの暇つぶしくらいにはなるだろうと思って書いている。 最近は書いていて1000字前後で着地もオチもなに…

花火をみたの話

ビアガーデンに引き続いて夏らしいことをした。 ビアガーデンが先だったのか後だったのかはもはやわからないが、まあ気にしていても仕方がない。 河川敷にビニールシートを敷くタイプの花火に行った。というか、予定が見えず観覧席のようなところを買ってい…

9月になってしまったの話

先に申し上げておくが、掲題はほぼ無関係である。 さて、9月になった。 ということは小中高校生の夏休み終了を意味している。何が言いたいのか?現在家庭教師で某3年生の授業を受け持っている。 要するに副業の話である。本業は守秘義務なのかコンプラなのか…

ロイヤルホストの話

ファミレス談義は続く。 安価系ファミレス、高級系(?)ファミレス、ミドル系ファミレス、まあ基準はそれぞれだろうが、ロイヤルホストは高級系に入ると思う。 最近たまに行くことが多い。目当ては大抵キーマカレーか、甘酢なんとかか、オニオングラタンスー…

食べすぎてしまうの話

ここ1ヶ月くらい悩んでいる。 食べなければいい、別のことをすればいい、買わなければいい、その他もろもろわかる。 わかってはいるものの、外出でもして財布を持って外に出たが最後、予定が終わり次第適当な飲食店で自分でも驚くほどの注文をし、詰め込むよ…

水草が死にまくっているの話

アマフロは増えている。 金魚藻だの金魚草だの言われる方のマツモが減っている。 減少の原因は室内の金魚がマツモを食べまくることと、室外の睡蓮鉢が青水になってしまったことである。ゴールデンウィークにせっかく睡蓮鉢をきれいにしたのにあっという間に…

秋の香りがするの話

涼しくなってきた。 みなみなさまにおかれましては「平成最後の夏」だの「○○歳最後の夏」だのと随分まあお忙しそうで結構なことだと存じますけれども、わたしの夏はまだまだ終わりません。だいたい10月くらいまでは夏である。 水風呂を卒業するのもおそらくは10…

ビアガーデンに行ったの話

ようやく夏らしいことをした。 行ったのは新宿駅から10分圏内、ビルの屋上で行うよくあるビアガーデンである。飲み放題・食べ放題のプランにしてあったらしい。 ビールは苦手なので乾杯から別のものを飲んでいた。 開始は日没後からだったため、日中の暑さは…

フォルクスの話

くるまではない。 SIZZLERの下位互換(怒られる)のような店のことである。 要するに肉を頼むとサラダバーやスープバーがついてくる飲食店だ。 わたしは割合シズラーがすきなのだが、如何せん毎日行けるかと問われるとランチでも気軽に払ってへらへらしていら…

手持ち無沙汰の話

暇なときのことである。 もし、自宅内にいるのであれば本を読むなり金魚を見るなりコロ助なりであるものの、外に出てしまうとこれは困るのである。 特に待ち合わせやとにかく何かしらの待機時間で理由不明なスマホ使用制限などがある際(どんな状況だ?)は、…

久方ぶりの焦燥感の話

頓服の必要な程度の、という意味の焦燥感が久々にきた。 これには漠然とした理由があり、それは単純かつ明快で「睡眠不足」ではないかと考えているところである。というのもここのところしっかり眠れすぎていたにも関わらず昨晩は2時間ほどだった。 少ないのは…

英語を解いているの話

めずらしい。 英語を「解く」という表現からお察しの通り、英文メールや書類の書き起こし・作成ではなく、問題を解いているのである。 詳細を書くとお叱りを受けるため、伏せておくが、概要は某学生の夏課題の手伝いである。しかも、残念なことに今回の課題は…

水草がばんばん増えるの話

アマゾンフロッグピットこと、通称アマフロである。 マツモも増えることながら、アマフロの増え方といったら! オリヅルラン的に増えていくのだが、ここのところ暑いのと金魚のせいなのか餌のせいなのかとにかくアマフロが増えていく。そのうち金魚鉢を覆い…

台風の話

ぐるぐるのアレである。 恵みの雨なのか、人の弱さを教える神の悪戯なのか、まあそういう詩的な表現をわたしはできないため、とりあえず台風のことを書くとする。 まず、無職に台風はあまり関係がない。 なんと言っても働いていないということは通勤の必要が…

ダーツをしたの話

めちゃくちゃに下手である。 そもそもダーツをし始めたのは3年前くらいで最初こそ 「そんなものはパリピのやるものでは?」という疑念があったものの、やってみたら存外根暗との相性がいいものであった。 というのも、ひとりで淡々と投げられるし、いわゆるマ…

無職終了の話

とうとうわたしの無職生活にピリオドが打たれる。 というのも、業務委託で貰ってる仕事があること、バイトの面接に受かったこと、短期の仕事に内定したことが原因で、正味な話、まだまだ無職を続けていたかった。意外と短い無職生活であった。 なんと、スカ…

鬼籍に入るの話

青一がお亡くなりになった。 正直、自宅で塩浴をさせているときから「水面で口ぱくする癖があるなあ」とは思っていたものの、塩浴2日目で不思議な動き、言ってしまえば痙攣しがちな動きをしていて、どうだろうかと思いつつ、3日目に帰ったところで確認したら既…

前に進むとはの話

どういうことなんだろうか。 よく考える内容である。 10代半ばを頂点に肉体は老いる一方、思考も柔軟さを失われがちである。 単純な時間的経過だけを前に進むことと断定してしまっていいのか、ということだ。 わたしの中ではほぼほぼ答えが出ていて、時間的…

水草の話

金魚話の続きである。 生体購入と同時に アマゾンフロッグピット(以下アマフロ)3株とマツモ5株を買った。 アマフロは浮草の中でも繁殖力の強く手入れの要らない部類で、水中に伸ばした根が水槽内の富栄養化を防いでくれる。 マツモは根を持たない水草でこれ…

同居する方が増えたの話

金魚である。 増やしたのは 更紗琉金 朱文金 三尾和金 のそれぞれ1匹、計3匹。 上から順に 有楽町 青山一丁目 赤坂 と名前をつけた。 ちなみに先住者の更紗琉金の銀座さんはおそろしく気が強く、青一と赤坂に遊泳力で劣っても隙あらばいじめ(いじめか?)をし…

続・軽躁にかまけての話

デパケンが増えても効いていないのだろうか。 気分的には日々人生の最高値を更新しているような感覚である。要するに日々最強というわけだ。これはこれで困りものである。 正味な話、単純に軽躁で脳みそがおかしくなっているだけでわたしの能力が何かしら底…

瀉血の話

前の記事にも書いたが、たまに自己採血をしている。 af-doctor.hatenablog.com 予め断りを入れておくが、これは自己採血を推奨する記事ではないし、医療従事者でもセルフで血を抜くという人はそうそういないだろうから、参考にもしないでほしい。 軽躁で頭に…

軽躁にかまけての話

面接に行きまくった。 多い日で1日3箇所の面接、1回しか入れていない日は別のアルバイトというよりフリーランスでやっている案件で時間を潰していた。 さて、無職無職と書いていたが、フリーランスで何かをやっているのかとなってしまうが残念なことに何かを…

最近の銀座の話

我が家の金魚である。 銀座、オスかメスかは知らないが、便宜上彼女としておこう。 我々は同居し始めてかれこれ2年かそれくらいになる。とりあえず冬は2度越えているはずである。 いつぞやに書いた記事にもあるように我々は当初室内で同居をしていたが、なか…

ボトックス注射その後の話

夜中の噛み締めが少なくなった気がする。 もともと噛み締めからの咬筋が発達、おかげで首肩は凝るわ、頭痛に繋がるわ、最悪であった。ここのところは夜にマウスピースをつけて多少はマシになったか?というところであったが、ボトックス注射を打ってからは特…

要るものと要らないものの話

ミニマリストというわけではない。 断捨離でもない。 そんなことばが流行る前からとっくにわたしは自分の中の「要る・要らない」を選別していた。おかげで実家でさえわたしの部屋は生活感もなく(というよりもはや父親が勝手に捨てるので改めて買ってもらうのも…