おかかえのあたま

ぐれたりぐれなかったり

コーヒーの話

紅茶派である。

 

 

というより、コーヒーやらお茶系はなんでもいい。味の違いがよくわからない。貧乏舌もとい馬鹿舌である。砂糖ありでもなしでも飲めるし、お茶がなければ水を飲めばいい。

 

 

 

さて、こんな元も子もない前置きはさっさと終わらせてコーヒーの話である。

わたしは水出しコーヒーと上島珈琲店の黒糖ミルクコーヒーがすきだ。幼い頃、黒くて苦くて何かの泥水か?と渋い顔をしていたが、水出しコーヒーを飲んで生まれて初めてあの黒い液体をおいしいと思った。感動した。

上島珈琲店の黒糖ミルクコーヒーは、上品でコクのあるマックスコーヒーという感じがしておいしい。だいたいアイスで飲む。今となってはもう遅いが、学校給食では黒糖ミルクコーヒーを出してほしかった。カルシウムも糖分も多少のタンパク質も取れて最高である。カフェインのおかげで午後の授業が眠くならなくなるだろう。まあ、もう給食を口にする機会もないので小中学生はがんばって牛乳とたまに出る発酵乳でも飲んでいてほしい。

 

 

 

コーヒーの銘柄自体にはあまり詳しくないが、個人的にあれば飲みたいと思っているのがコナコーヒーである。ハワイで採れる豆で、生産量の少なさと人件費の高さからおそらくブルーマウンテンの次か同じくらいに値が張る。ハワイに行ったとき、コナ100%のコーヒーを飲ませてもらったが、あれはおいしかった。店員さんのサービスでココナッツとバナナのケーキも一緒に頂いて、これもまた最高であった。

 

 

 

 

ちなみに言うと、わたしの自宅にコーヒーメーカーやインスタントコーヒーの類はない。あれは外で他人が淹れてくれるからおいしいのだと思っている。正直なところ、引越しのときに誤注文して大量に届いたハトムギ茶を消費するのに忙しくてそれどころではないのだ。今日も今日とて電気ケトルは元気に爆発している。

 

 

 

 

カルディの試飲コーヒーはなぜあんなにおいしいのか。

 

 

 

 

ぐるぐる深炒り豆。

あぐれ